女性

既存のものがダメならセラミドの化粧水を使ってみよう

印象づける大切な色

メイク道具

自分の肌の色を知ろう

お化粧をするときのコスメ選びは、女性にとって印象を変える重大なものです。大切な顔の明るさを始め、大人っぽさや可愛さはチークをすることで、ずいぶんと印象が変わります。そしてただ入れるだけではなく、入れる部分や顔の影になる部分などを意識して入れると、顔が立体的になり小顔効果にも繋がります。そんなチークも中国の唐の時代から既に頬紅という形で確認されていますが、一概にチークといっても最近では、様々なタイプのものが販売されています。コスメで一般的に多く出回っているものがパウダータイプです。筆が太く柔らかい毛が特徴となっており、キメが細かい仕上がりとなります。また、クリームタイプやムースタイプなども一見アイシャドウのようですが、チークとして販売されており、顔にしっとりと馴染む滑らかさがあるのです。一番最新のものですとマニキュアのようなチークが発売されていますので、自分の好みにあったものを選ぶといいでしょう。そして日本人の肌の色は2種類に分類され、主にイエローベースとブルーベースに分けられます。イエローベースは健康的な肌の感じで、ブルーベースは色白な肌を想像するといいでしょう。イエローベースは主にオレンジがかったような色のサーモンピンクや、オレンジレッドなどの色のチークを選ぶと失敗も少なく顔も華やかに見えるでしょう。ブルーベースの肌には主にベージュがかった色のピンクベージュや、スモーキーピンクなどピンク系を色を選ぶといいでしょう。コスメと言えども、選ぶものを間違うとより綺麗に引き立てることができなくなるので、自分の肌の色を知って適切なコスメを選ぶといいでしょう。